×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【フリーソフト フリーゲーム フリーメール フリー素材】

【フリーソフト フリーゲーム フリーメール フリー素材】


フリーウェア (freeware) は、無料で利用(使用)できるソフトウェアである。なお、日本においては歴史的経緯(後述)からフリーソフトと呼ぶことがある。 フリーウェアは「無料で利用できる」ことに重点を置いた呼称であり、それ以外のライセンス条件、とくに変更・再配布などの条件はまちまちで、ソースコードが付属しないために変更ができなかったり、有償配布(販売)や営利利用の禁止など一定の制限が課せられているものも多い。

これに対し、フリーソフトウェア (Free Software) という用語もあり、これは「自由な(ただし、フリーソフトウェア財団が主張する意味での自由)ソフトウェア」の意味である。すなわち、ソースコードが付属し、利用・複製・学習・変更・再配布が自由にできることに重点が置かれている一方、無料であるとは限らない(ただし実際には無料のものが多い)。

    

Yahoo!、Googleの上位表示に効果的!掲載率99%以上の登録代行サービス!
Yahoo!、Googleの上位表示に効果的!掲載率99%以上の登録代行サービス!


相互リンクを受け付けております※静的TOPページからの静的直リンクPR3×5 PR2×1お申し込み


以下 /無料で現金やウェブマネーがもらえる!?/ はこちら

【お得な情報】ポイントサイトに注目?無料で現金、ウェブマネーを貰う

ポイントサイトとは大企業から個人事業主まで大小さまざまの広告主から広告掲載依頼を受けて企業の代わりに会員に広告を紹介します。その際に広告主からもらった宣伝広告費の一部(40%〜60%程度)を広告やサービスを利用した会員にポイントで還元致します。ブログの開設、通販サイトの無料会員登録、証券、FXの口座開設、化粧品、サプリメントのサンプル販売、クレジットカードの作成等実にいろんな広告が掲載されています。


各広告毎にポイントサイトからもらえるポイント数が事前に提示されており、会員はそれを参考にしながら自分が興味のある広告やサービスを利用致します。そしてポイントがある程度貯まるとウェブマネーや現金に交換可能になります。


ポイントサイトは広告主からの宣伝広告費用で運営してますので会員の私達は別に会費等を支払う必要はありません。サンプル品の購入等の有料広告を利用しない限りは完全無料で利用可能です。(ものを買う広告が有料なのは当たり前ですよね)。

現金、ウェブマネーゲット率第一位のポイントサイトはげんだま|げん玉です。



  • げん玉はヤフーメール等のフリーメールで登録できます。→Yahoo
  • その他の個人情報は無理に入力する必要がありません。
  • 300円分のポイントからポイント交換可能です。
  • オンラインゲーム利用者に人気のポイントサイトです。
  • 登録画面は60万人と書かれてますが、会員数は100万人を超えているようです。
  • 管理人は1年以上前から利用しており毎月のポイント交換実績があります。
  • げん玉運営元はベンチャー企業ですが、複数の東証上場企業の投資資本が入ってます。



登録日に2000円分のポイントを稼ぐことも可能です(すぐゲッチュ!)。 げん玉一本でも十分な現金、ウェブマネーが得られると思います。

げん玉に負けず劣らず現金、ウェブマネーをゲット可能な GetMoney!


  • GetMoney!はポイント還元率で勝負しています。
  • げん玉にない広告もあるのでげん玉のサブにぴったりです。
  • 短い期間で換金できます。
  • げん玉で新規広告待ちになったらGetMoney!を頑張りましょう。


知名度はげん玉に比べると低いですがその分還元率で勝負しています。毎月2000円×3回ほどの換金を見込めます。

【フリーソフト フリーゲーム フリーメール フリー素材】

フリーゲームとは、主にパソコン向けのフリーウェアとして公開されている、ゲームのソフトウェアを指す呼称である。単に無料で入手して遊べるゲームの総称としても広く使われている。 目次 [非表示] 1 概要 2 歴史 3 フリーゲームの入手場所 3.1 商品化されたフリーゲーム 3.2 100円ショップダイソー(大創産業)で商品化されたフリーゲーム 4 関連項目 5 外部リンク [編集] 概要 市販のゲームは、一般的に企業が商品として制作しているのに対し、フリーゲームはそのほとんどが個人、あるいは同人サークルの趣味の活動として制作されている。 フリーゲームは、通常のフリーウェアと同様に、公開されているソフトウェアをダウンロード等の方法で入手して遊ぶものが主流である。 このほか、Adobe Flash、Javaアプレット、JavaScriptなどにより動作し、ダウンロードすることなくウェブブラウザ上でそのまま遊ぶことができるゲームもある(ただし、作者のウェブサイト上からの起動を大前提し、ダウンロードや転載などは禁ずる、フリーウェアには当てはまらない作品もある)。これらは一般的にブラウザゲームとも呼ばれる。 近年では、企業が無料で遊べるオンラインゲームを展開していたり、個人および企業が制作した、携帯電話向けJavaアプリの無料ゲームソフトが公開されていたりするが、これらは無料で遊ぶことができても、一般的なフリーウェアとは使用条件や根付く文化などに異なる面が多いため、フリーゲームとは呼ばずにあえて区別されるケースも多い。 [編集] 歴史 フリーゲームという文化は、インターネットが一般に普及する以前、パソコン通信の時代から存在していたが、当時はパソコンや通信環境の普及率、通信費などの問題から、(パソコン雑誌・ムックの付録や友人・知人からの手渡しなどで入手できることもあったが)活用できるのは一部のパソコン上級者に限られ、現在ほど広く遊ばれているものではなかった。 しかし、のちにパソコンが一般家庭に急速に普及し、無料のソフトウェア開発環境やRPGツクールに代表される知識なしにゲームを制作できるツールが多く登場したことや、インターネットの普及に伴い、パソコン初心者でもソフトウェアを入手できる環境が整ったこと、さらに国内だけでなく世界中のフリーゲームを容易に入手できるようになったことなどから、制作されるフリーゲームの作品数やユーザー数は飛躍的に増加していくことになる。 一時は「無料で遊べるゲーム」というものが静かなブームになり、フリーゲームを紹介・レビューする総合サイトの類が多く開設された時期もあった。現在ではその流れは一段落し、その頃に生まれたサイトの多くは閉鎖されており存在しない。その一方で、フリーゲームの紹介サイトと見せかけてアフィリエイト広告ばかりを貼り付けた内容のないサイトが乱立しつつあるのもまた現状である。 近年はJavaアプリケーションなどを利用した携帯電話用ゲームの需要拡大を受け、フリーゲームが携帯電話向けに移植される、あるいは制作者が開発の場を移すケースが増えてきている。 [編集] フリーゲームの入手場所 多くのフリーゲームは、制作者のウェブサイトやフリーゲーム紹介サイトからダウンロードすることにより入手できる。このほか、前述の方法で入手できるものと同内容のフリーゲームが、パソコン雑誌の付録CD-ROMなどのメディアに収録されていることもある。 [編集] 商品化されたフリーゲーム テトリス - 当初、原作者によりPDSとして公開されていた(当時はフリーウェアというライセンス形態は一般的ではなかった) さめがめ ZOO KEEPER Every Extend Bonanza 将棋ソフト [編集] 100円ショップダイソー(大創産業)で商品化されたフリーゲーム (フリー以外にも仕様変更されて発売された同人ソフトがあることに留意) 100円ショップ ダイソー ザ・ゲームシリーズ 人形の傷跡 魔王のアクジ 水色の塔 レミュオールの錬金術師 ふしぎな森のポコラ IndeTerminate PLUS ALPHA 実写でボクシングボクシング 少女魔法学園 [編集] 関連項目 フリーゲーム一覧 シェアウェア 体験版 同人ゲーム RPGツクール ドネーションウェア 3分ゲーコンテスト ブラウザゲーム ダウンロードゲーム クローンゲーム [編集] 外部リンク Vector - オンラインソフトウェア紹介サイト。Windows・Mac OS等多くのプラットフォームを扱う。このサイト内にベクターゲームズというWindows向けのゲーム専用のサイトがある。 窓の杜 - Windows向けのオンラインソフトウェア紹介サイト。毎週金曜日にゲームを一本ずつ紹介する「週末ゲーム」という連載コーナーもある。 ふりーむ! - Windows向けのフリーゲーム紹介を専門とするサイト。 フリーメールサービスとは、インターネット接続サービスに加入していなくても、必要な事項(希望のメールアドレス、パスワードなど)を入力すれば無料で電子メールアカウントが取得できるサービスのこと。こういったメールアカウントの事をフリーメールという。 目次 [非表示] 1 フリーメールの特徴 2 フリーメールのセキュリティ 3 主なフリーメール 4 脚注 5 関連項目 [編集] フリーメールの特徴 また、同サービスで取得したメールアドレスのことを、不要になった際すぐに捨てる(使用を放棄する)[1]こともできるため「(ポイ)捨てメアド」などと揶揄されることもある。 主にポータルサイトを提供している多くの会社がこのサービスを提供している。こういったメールのメールアカウントは、多くがWebメールを用いているためインターネットに接続出来る環境であればどこからでもメールのやり取りが出来るが、本人確認を行わなくても簡単に取得できることから匿名性が高くなり、犯罪やいたずら等への悪用を避けるため、このアカウントを利用しての フリーメールのアドレスでは十分な本人確認ができないため、インターネットオークションなどへの出品ができない サイトによってはオークションの入札すらできないこともある 大手企業のホームページが開設している掲示板で、メールアドレスによる認証を取り入れている場合、フリーメールを用いての書き込みができない(かつてセガやアクアプラスなどのゲームメーカーのHPで開設されていた各種の掲示板でもこのような認証を取り入れており、フリーメールや携帯電話のメールアドレスでは認証されない仕様が実装されていたが、現在はサービスを終了している) 送信先のPCにあるメーラーの設定によっては、フリーメールによるメッセージの受信を拒否され、削除される可能性が高い サーバがダウンするか、アクセスの殺到によりメールが全て消えたり、受信の遅延といった障害が生じたとしても、提供者は一切の責任を負わない などの制約がある。 多くのフリーメールサービスは、送信するメールの末端に企業の広告が自動挿入される。 [編集] フリーメールのセキュリティ フリーメールサービスを提供する大手企業のフリーメールのセキュリティは一定の信頼を置くことが出来るが、フリーメールのIDやパスワードを不正に入手しようと試みるフィッシングサイトが存在するため、利用には注意を払う必要がある。 また、フリーメールを提供する会社のシステムアドミニストレーターは利用者のメールを覗き見ることも可能であり、社外秘の情報をフリーメールサービスに転送するのは情報漏洩のリスクも存在する。 近年では利用者のメールを解析して広告を挿入する事業者も出てきたが、広告の挿入だけに留まらず、メールの中身を事業者側で検索可能な状態に置いているケースもあり、機密情報の漏洩を防ぐため、社員によるフリーメールの利用を制限しようと試みる企業も出てきた。 [編集] 主なフリーメール メールアドレスの「****」の部分は、ユーザが一定の範囲で任意に選択することができる。@以下はサーバー名で、ユーザーは自由に選択できない。 著作権フリー(ちょさくけんフリー)とは、文字通り解すれば、著作権の全部または一部が放棄されている状態のことであるが、現実には、そのような意味を持たない場合も含め、時と場合により様々な意味合いを持つ語である。 具体的な製品として、下に示すようなものが販売されている。著作権フリーという語の意味を考えると、パブリックドメインと同等のようであるが、著作権を放棄していない場合がほとんどである。一般的な著作物と比較すると権利関係の確認と契約や利用料の支払いなど、著作物の利用に関する面倒な作業を完全に省略できるため、このような呼び方が用いられる。また、著作権フリーといっても、使用目的によって制約や価格が変動することもあるので、製品を購入する際には、その製品をどのような目的で使うのかを考えていなければ別の意味で面倒なことにつながる。 つまり、著作権フリーとは、文脈により、 著作権を全て放棄している場合(いわゆるパブリックドメインの場合) 著作権の一部(著作権の支分権)を放棄している場合 著作権は保持しつつも、あらかじめ著作物の利用許諾をしている場合 が考えられるのであり、著作権フリーを謳っている著作物を利用する場合は、上記のどれに該当するのか、利用許諾をしているにすぎない場合は、利用に際しどのような条件が付けられているのかをチェックする必要がある。 目次 [非表示] 1 製品の種別 2 用途と制約 2.1 制約の緩いもの 2.2 制約の強いもの 2.3 販売元との合意がなければ問題となるもの 2.4 してはならないこと 3 関連項目 [編集] 製品の種別 製品は「○○向け著作権フリー素材集」というような名称で販売されている。 楽曲、効果音、サンプリングなどの音素材 写真、ビデオ、 イラスト、標識などのグラフィック素材 [編集] 用途と制約 (必ずしも下記の通りになるわけではない。実際に使う場合、素材の使用条件を確認すること) [編集] 制約の緩いもの 社内報・自治会報・学級新聞など、商業的な意図が無く、特定のメンバーでやりとりされる刊行物 年賀状、クリスマスカードなど、年中行事などで送るための葉書やカード類 撮影したビデオに音楽をつけること 販促ツール、店内の案内表示 ウェブページの装飾 テレビ・ラジオ番組や演劇・ダンスなどのBGM [編集] 制約の強いもの 有償(一般的な書籍・雑誌類)・無償(フリーペーパー)など、商業的な意図で作成する刊行物 工業製品の装飾 店の看板や商品のロゴを著作権フリーの素材で作ること [編集] 販売元との合意がなければ問題となるもの 楽曲の旋律に歌詞をつけて歌うこと 楽曲を採譜して他人に対して演奏すること 素材の紹介を主目的とする出版物やウェブページを作成すること 特定のグラフィック素材を核として、新たな商品を作ること(例えば、イラストを元にぬいぐるみを作ることなど) [編集] してはならないこと 素材の利用者が、その素材の著作者だと名乗ること 素材の配布を主目的として、ウェブサイトにアップロードすること 素材を集めて、それを商品として販売すること GFDLもしくはパブリックドメインの素材であることを要件とするウェブサイトへの投稿(ウィキメディア関連での使用) [編集] 関連項目 コピーレフト パブリックドメイン 自由利用マーク GNU Free Documentation License カテゴリ: 著作権法